ガラス張りの部屋

技術について

明るい部屋

ソーラーシェアリングとは何か

ソーラーシェアリングは、耕作地の上を覆うように棒状のソーラーパネルを一定間隔に設置することで、太陽光発電をするシステムです。 耕作地の上にソーラーパネルを設置するので、一見すると、日の光を遮ってしまい農作物の生育に影響があるような気がします。しかし、植物にとって強すぎる太陽光は必要ないため、光の一部を遮ったとしても、実は問題ないのです。 ソーラーシェアリングの設備は、中国製の安価なソーラーパネルを利用します。また、パネルを支えるための柱も簡易なものでよく、かなり安価です。これにより、必要な初期投資を大幅に抑えることができます。

従来の太陽光発電システムの問題を解消する技術

住宅の屋根に設置する、従来の太陽光発電システムの問題点は、その費用が高額であることでした。ソーラーパネルを設置する効果は電気代の節約ですが、初期投資が大きすぎることから、元をとることが難しいものでした。 また、住宅の屋根にソーラーパネルを設置していっても、それによる発電量は微々たるものです。日本全体の発電量への影響が少ないことから、ほとんど重要視されてきませんでした。 これらの問題点を解消するものとして発明されたのが、ソーラーシェアリングです。 ソーラーシェアリングは、日本のほぼすべての農地に設置可能なため、日本全体の農地面積を考えると、普及が進めば大きな発電量が期待できます。 設置費用も安上がりのため、売電すれば、農家の新たな収入源となることも見込めます。 原発の問題が議論されている現在、新たな発電手段として注目の技術と言えるでしょう。

Copyright(c) 2015 太陽光発電やソーラーシェアリングで次世代はとワープする. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com